若い人だとセルロイド人形を見た事が無いと言う方もいらっしゃると思います。

 幼い時に遊んだ記憶のある年配者には懐かしいお人形ですが、そのセルロイド人形を今も作り続けていらっしゃるのが日本唯一のセルロイド職人平井英一さんです。

 →平井英一さんのサイト セルロイド・ドリーム

 この子たちは昔の金型から、昔のままの姿で生まれて、厚手のセルロイド生地を使うことによって、昔よりずっと丈夫に、新しいファッションでお洒落に生まれ変わった現代のセルロイド人形です。

2020年 4月​

セルロイド人形のミーコちゃん

 ご紹介致します。我が家のミーコちゃんたちです。どの子もミーコと言う名前ですが、純正ミーコは下の4人です。

 この4人は平井さんペイントのお顔です。赤毛の子がマイファーストミーコ。手描きなのでそれぞれ微妙にお顔が違います。着物の似合う髪色の濃い子や、薄い金髪の子など、後から色々なバージョンが発売されて、ついつい欲しくなり人数が増えました。イベントにお邪魔すればなおさら、ドレスなども欲しくなります。

 また、お人形には平井さんペイントではなく、何人かの作家さんペイントバージョンの子達もあって、全部集めたらキリがない程で、一見の価値があります。

赤毛の子はドレス付きで求めた純正品。でも、別売のドレスは一点物の場合もあって今は手に入らない事があります。シンプルだけど可愛い金魚模様の水色ドレスも作家さんがどなたか忘れてしまいましたが、今は販売していません。

​両脇の着物は私が縫いました。金髪でも着物似合いますね、

下の4人は髪の毛や靴など、ベースだけ彩色したのっぺらぼうの子に私が顔を描いた物です。お願いすると、顔の絵付の無い子を購入し、こんな遊びをすることが出来ます。

 マイオリジナルドールです。・・・これは、超楽しくて嵌ります。

 着ぐるみは人気商品らしく、今も→セルロイドドリームのサイトで購入出来ます。可愛いですよね、色々な動物があります。古裂を使った素敵なドレスも作家さんの物です。

同じものは無いですが、​次々素敵なドレス着物が更新されています。水色とピンクの文化人形風のドレスは私が縫いました。

 最後に異色のミーコです。お面のミーコと文化人形風ミーコ。

 ピンクドレスのミーコは上でご紹介した子ですが、この子のような顔を目指してお面の彩色をしたのに、あまり似ませんでした。

 お面は油絵の具で着色しています。大きいのでアクリル絵具やラッカーを使うのが難しそうで油絵の具にしてみたのですが、ほっぺたのボカシなどは綺麗に出来ましたが、後は失敗しました。特に照りが無い目がダメなので上から再塗装しようかな・・。

 文化人形風ミーコは型ぬきした時に失敗したものを顔を描く時の練習用にと、おまけでいただいた物です。初めて描いたので失敗してます。手足が無いのが可哀想なので布で文化人形のような手足を作りました。

→セルロイド・ドリームでは、他にもゆめちゃんと言う可愛いお人形が販売されています。興味のある方はリンク先を覗いてみて下さい。このページの赤文字は全てリンクしております。

2000年6月1日開設
2016年2月22日 移転
umineko.jpg

  カティちゃんに会いに行く→

   (姉妹サイトに移動)

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now